【プレスリリース】学校広報ソーシャルメディア活用勉強会が、8月29日に第5回GKB48教育カンファレンスを開催


学校広報ソーシャルメディア活用勉強会にて2017/8/29第5回GKB48教育カンファレンスを開催
―国家が推進してきた「教育改革」の先を行く取り組みを提案。英語、グローバル教育、プログラミング教育等

学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(通称 GKB48) は、2017年8月29日に、株式会社内田洋行 ユビキタス協創広場CANVASを会場として、第5回GKB48教育カンファレンスを開催します。
今回は、国家が推進してきた「教育改革」のその先を行く取り組みとして、3つのテーマ、1.英語教育とグローバル教育、IB教育の実践と課題 2.プログラミング教育とICTの実践と課題、3.学校広報の実践と課題、を掲げ、テーマに沿ったプレゼンが行われます。初等、中等、高等教育で連携がなく、補助金や助成金で縛られてきた、日本の教育の体質を飛び出るソーシャルな活動を提案します。
これまでの開催同様、TED形式で、インパクトある、プレゼン(各20分)が行われます。最後のまとめは行わず、学んだところ、感じたところをそれぞれ参加者に持ち帰ってもらいます。申込はGKB48ホームページ gkb48.com/5th_conference/ にて受付(定員100名)。締切は8月25日。

【趣旨詳細】

GKBでは、これまでのテーマとして、明治以来の教育改革と言われた国家をあげた改革の動きに呼応して「教育改革×〇〇の力」としてきました。
第一回 教育改革×ソーシャルの力
第二回 つながる教育、つなげる未来
第三回 教育改革×ICT力
第四回 教育改革×未来の教室
(左写真)

国家の教育改革の動きを意識してきたわけですが、教育改革は転機に立つ国家の危機感が背景にありますし、その機運は国民、特に教育関係者には共有されているように思います。その方向性は示され、動き出し始めました。
GKBは教育改革の後追いをするのではなく、常にその先を見つめてきました。実際に、教育カンファレンスでは、教育の現場で活動している人やグループを取り上げ紹介してきました。初等、中等、高等教育と輪切りになっているために、少数の人しか知らない活動を広げる(広報する)のに、GKB教育カンファレンスと書籍は貢献してきたと自負しています。
教育に関心を持つ人なら誰でも参加できるようにしてきました。ただし組織を代表するのではなく、「個」として参加してもらってきました。

今回は国家が推進してきた「教育改革」のその先を行く取り組みを取り上げます。助成金・補助金で縛られてきた体質を飛び出る本当のソーシャルな活動を提案していきたいと考えています。

【第5回 GKB48教育カンファレンス 概要】

■日 時
8月29日(火)午前 11:00〜12:30 午後14:00〜17:00
受付  10:30〜
懇親会は17:30頃〜
■場 所
株式会社 内田洋行 東京ユビキタス協創広場CANVAS (東京都中央区新川2-4-7)
www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/tokyo/index.html
■参加費   無料(懇親会は有料)
■定員  100名
■参加方法  ホームページより申込み gkb48.com/5th_conference/
(申込締切 8月25日(金))

■テーマ
1.英語教育とグローバル教育、IB教育の実践と課題
2.プログラミング教育とICTの実践と課題
3.学校広報の実践と課題

荒木 貴之 千代田女学園中学校・高等学校校長、武蔵野大学特任教授
安居 長敏 学校法人アミークス国際学園 学園長/
沖縄アミークスインターナショナル小学校・中学校 校長
日野田 直彦 大阪府立箕面高等学校 校長
賀川 洋 IBCパブリッシング株式会社 代表取締役会長
平井 聡一郎 株式会社 情報通信総合研究所 ICT創造研究部 特別研究員
鈴木 誠人 フリーランス映像ディレクター
多賀 万里子 一般社団法人ファーストスタープロジェクツ ソリューションディレクタ/
明治大学サービス創新研究所 研究員
八澤 龍之介 難関私大専門塾マナビズム 代表
山内 学 株式会社THINKERS代表取締役
永谷 研一 株式会社ネットマン 代表取締役社長/
NPO法人 学習分析学会 副理事長

【お問い合わせ先】  学校広報ソーシャルメディア活用勉強会 事務局
東京都北区中里2-9-5  聖学院 学院広報部内 担当 栗原
TEL:03-3917-8530  (月~金)  Fax: 03-5907-7034
8/14~17は、携帯 070-4037-8187
Mail:pr@seig.ac.jp

「大学プレスセンター」を通じてプレスリリースが出されました。


8月23日のカンファレンスの件が、大学通信が提供する大学情報に特化したサービス「大学プレスセンター」を通じて、プレスリリースされました。
発信にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

リリースはこちら
www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=4332

準備着々進行中。
まもなく、登壇予定者をご紹介できる予定です。

—-
2012/08/23 学校広報ソーシャルメディア活用勉強会 教育カンファレンス
これからの「教育」の話をしよう ~教育改革xソーシャルの力~
申し込みはこちらから
gkb48.com/order/

カテゴリー: news

とあるグループの物語 


第1回目の勉強会開催時の招待状。ここからはじまりました

第1回目の勉強会開催時の招待状。ここからはじまりました。

2011年6月某日とある大学の広報打ち合わせルーム

それは営業マンの一言から始まった。

「ソーシャルメディアはビジネスにはなりませんよね」

この一言が大学広報マンの広報魂に火をつけた。

「そんなことはない。311でtwitterがどれほど活用され​たか。フェイスブックだって広がっているじゃない。使えることを​ウチの大学で実験して実証してみせるよ。」

これが学校広報ソーシャルメディア活用勉強会のスタートだった。

早速、大学のフェイスブックページを立ち上げ、ブログやtwit​terで発信していた内容をFBページでも流し始めた。

その一方で知り合いの大学関係者、塾予備校、広告代理店、教育情​報出版社、フリーのライターなどに「ハガキ」を出した。

「ソーシャルメディア活用の勉強会を開催します」

8月に第一回の勉強会を開催。2日間で30名あまりが参加。その​場で互いに「友だち」になり、非公開グループの「学校広報ソーシ​ャルメディア活用勉強会」がスタート。

それぞれがグループに各方面の教育関係者を招待し、FB上のメン​バーは増えていった。

一ヶ月後には第二回の勉強会を東京で開催。ustによる実況をト​ライアル。11月には大阪での勉強会を開催。そこには関東からも​集まったが、ほとんどみんなが自腹、ボランティア参加。そこで岩​手県遠野で震災対応の学校間アライアンス(連携)を探るための合​宿(遠野サミット)が提案された。

勉強会を重ねるながら、ついに2012年6月に遠野での合宿・遠​野サミットを開催。被災地である釜石視察後、岩手県立大学、石巻​専修大学などの事例を生の担当者の声を聞き、本当に必要なこと(​鍛えるべき精神力と体力、日頃の準備)、そして組織を越えた連携​が必須なことを知った。

そして迎える一周年。誰からとはなしに一周年イベントの話が出て​、ただの自己満足のイベントに終わらせないために教育カンファレ​ンスの話が決まった。

折りしも政府から文部科学省からもここ十年の中でなかったほどの​「大胆な」教育改革の提言が出てきていた。

テーマは「これからの『教育』の話をしよう~教育改革×ソーシャ​ルの力」に決まった。

GKB48の通称とロゴはメンバーの中から出てきて決まったもの​。Gakkou Kouhou [SocialMedia Katsuyou] Benkyoukaiの頭文字からGKB、48は47都道府県プ​ラス海外(現在シンガポールと韓国のメンバーがいる)。[Soc​ialMedia Katsuyou]が略称に入らなかったのはこの部分になんでも​入る可能性を残してのこと。キャリア教育やICT、電子出版など​への広がりを想定していると思われる。

——-
山下 研一(聖学院大学

—-
2012/08/23 学校広報ソーシャルメディア活用勉強会 教育カンファレンス
これからの「教育」の話をしよう ~教育改革xソーシャルの力~
申し込みはこちらから
gkb48.com/order/