登壇者に千葉 真哉さんを追加


登壇者に千葉 真哉さん(石巻専修大学 事務職員)を追加しました。

【講演タイトル】
東日本大震災の状況と対応

【講演サマリー】
東日本大震災の最大被災地にある大学で対応にあたりました。震災の状況と対応について「正しい情報」をありのままお話します。震災を振り返り、見たこと、感じたこと、考えたことを伝えたいと思います。

 

カテゴリー: news

大阪会場「追手門学院 大坂城スクエア」に変更


映像設備及び回線状況のため、大阪会場を
「追手門学院 大坂城スクエア」に変更させていただきたく存じます。
大阪会場参加申込み者の方々にはメールにてご連絡いたします。

開場:13:00 開始13:30
追手門学院 大坂城スクエア
大阪市中央区大手前1-3-20
(追手門学院大手前中・高等学校本館6階)
TEL.06-6942-2788
アクセスマップ

カテゴリー: news

大阪会場 勉強会・懇親会も開催


「学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(GKB48)」教育カンファレンスこれからの「教育」の話をしよう〜教育改革×ソーシャルの力〜は大阪でもUstreamを利用して中継いたします。

大阪でも勉強会と共に、懇親会も開催されます。

この機会に、教育とソーシャルメディアを考える方々との交流を図ってはいかがでしょうか?お申し込みお待ちしております!

 
大阪会場
(株)エデュケーショナルネットワーク大阪営業所
大阪府大阪市北区天満1丁目5-2

goo.gl/maps/YZXB1

カテゴリー: news

教育カンファレンス開催への経緯


教育カンファレンス開催への経緯

2012年6月25日にGKB48のウォールにおいて、複数の記事に啓発されたメンバーから、意見の交換を行う場を求める声が集まり、カンファレンスの企画・開催へと繋がった。
その記事をこの場にも掲載します。
是非、ご一読願いたい。お勧めいたします。

大学統廃合 (内田樹の研究室)
内田樹

「厳しい財政と外圧に立ち向かい教育の空洞化を防ぐ抜本的改革を
後藤健夫
(高等教育情報 Between 進研アド 2012年6-7月号 特集国立大連携が大学地図を塗り替える)

甦れ!大学-ICTを活用した大学再生へ向けて-
渡邉純一
p.booklog.jp/book/31710

——–番外資料——–
これがなければ、話は始まらなかった

《2012.8.19追記》
未来を創出する大学教育の構築に向けて(答申案)
~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~
中央教育審議会   大学分科会(第109回)  大学教育部会(第21回)
H24.8.9

《2012.8.19追記 ここまで》 

■「大学改革実行プラン
2012 年(平成24年) 6月5日 文部科学省

グローバル人材育成戦略
2012 年(平成24年) 6月4日 グローバル人材育成推進会議

国家戦略会議関係資料

「社会の期待に応える教育改革の推進」文部科学省 他

カテゴリー: news

グループへの参加申し込み方法


今回のカンファレンスは「どなたでもご参加いただけます」
【グループへの参加申し込み方法】をご案内いたします。

facebook上のグループに参加をご希望の方は、勉強会facebookページの右上にある「グループに参加」をクリックしてください。
学校、教育の業務に携わっている方または関心のある方で、ソーシャルメディアの活用に関心のある方をメンバーとして承認させていただきます。

 なお、このグループに、紹介なしで入会をリクエストされた場合、基本データを拝見し入会を判断させていただきますが、判断が難しい場合で、かつメッセージ送信ができない設定になっている場合は、リクエストを勝手ながらキャンセルさせていただきますことをご了承ください。

 
カテゴリー: news

プレスリリースvol2


出演者発表に伴いプレスリリースを発表しました。
文部科学省記者クラブなどへリリースいたしました。 

教育カンファレンス プレスリリース8月8日版

今回行う「教育カンファレンス」は、Facebookというソーシャルメディアを通じて、学校・団体・企業などに属する様々なメンバーが集まり、通常のオフ会というレベルを超えて開催するということが大きな特徴です。

事前の準備もFacebookを通じて行われており、カンファレンスに登壇するスピーカーもFacebookを通じて公募いたしました。

なお、当日はUSTREAMにてこのカンファレンスの模様を配信致しますが、登壇する個々のスピーチに対して、応援のメッセージやご意見・ご感想などを、会場から、そしてインターネットを介して投稿していただきます。

このような双方向なやりとりをすることで、ソーシャルメディアが新しいコミュニケーションの一つだということを示す機会になればと思います。

カテゴリー: news

スピーカー発表


  • 第一部:スピーチでプレゼンテーションされる方々を発表いたします。継続してスピーカーを募集しています。

【スピーカー(所属・肩書き等)】8月8日現在 

今村 亮(NPO法人カタリバ)

河本 敏浩(社団法人全国学力研究会理事長)

倉部 史記(大学プロデューサー)

為田 裕行(Future institute Corporation)

西村 準吉(佼成学園高等学校)

浜村 寿紀(共同通信社)

藤岡 慎二(島根県立隠岐島前高校魅力化プロジェクト)

復興ガールズ(岩手県立大学学生)

目崎 雅昭(Well-being Lab.)

渡邊 淳(電子システム株式会社)

継続してスピーカーを募集しています。
※スピーカーは予定です。変更になる場合があります。

カテゴリー: news

Facebookグループ「学校広報ソーシャルメディア活用勉強会」 が設立1周年を記念し、8月23日に教育カンファレンス 「これからの「教育」の話をしよう 〜教育改革×ソーシャルの力」を開催


プレスリリース  2012年8月8日

学校広報ソーシャルメディア活用勉強会事務局 
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1番1号

Facebookグループ「学校広報ソーシャルメディア活用勉強会」 が設立1周年を記念し、8月23日に教育カンファレンス 「これからの「教育」の話をしよう 〜教育改革×ソーシャルの力」を開催

 Facebookの会員制グループ「学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48)」は8月23日(木)、東京および大阪の2会場にて教育カンファレンス「これからの「教育」の話をしよう〜教育改革×ソーシャルの力」を開催する。これは、GKB48の設立1周年を記念するとともに、社会への発信と貢献につなげることを目的として開催するもの。要事前申し込み。 

 学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48。48 は、都道府県47+海外を表す)は、会員制の Facebook グループである。学校広報に限らず、学校運営や教育問題、ソーシャルメディアなどについて関心のあ る人が集まり、現在550人以上のメンバーを擁する。「教育」「ソーシャル」「広報」というテーマのもと、大学、専門 
学校、高等学校、教育関連・情報関連企業、NPO法人、それぞれの立場の人が、組織を越えて教育への思いを 発信、共有する場として、未来の「教育」を創ることを目指している。 
 同グループではソーシャルメディアの活用や、教育がいかに変わりうるかなどについて、オンラインで意見や情報の交換を行っているほか、東京、大阪などで対面での勉強会などを実施。2012年6月には岩手県遠野に赴き、被災地視察を兼ねて、震災対応の学校間アライアンス(連携)を探るための合宿も行っている。 
 こうした中、8月23日には東京・大阪の両会場にて開催する教育カンファレンス「これからの「教育」の話をしよう〜教育改革×ソーシャルの力」を開催。文部科学省から「大学改革実行プラン」などの大規模な教育改革の提言がされ、日本の教育も世界の教育も大きな転換点に差しかかっている今、オープンかつフラットに共感・共有の場 
を作りながら、活動を社会貢献へとつなげていくことを目指す。 
 なお、今回のカンファレンスはUstreamで中継し、議論の内容は後日、書籍として出版する構想もある。

学校広報ソーシャルメディア活用勉強会 教育カンファレンス 
「これからの「教育」の話をしよう〜教育改革×ソーシャルの力」 
【日時】 2012年8月23日(木)13:30 (受付13:00〜)〜17:00 
【対象】 教育とソーシャルメディアに関心のある方ならどなたでも可 
【定員】 東京会場130名 大阪会場15名(先着順) 
【会場】 
●東京会場:大日本印刷株式会社 DNP五反田ビル(東京都品川区西五反田3-5-20) 
●大阪会場:追手門学院 大坂城スクエア

※ 大阪会場は、Ustream又はGoogle+ハングアウトにて東京会場と結ぶ予定 
【協賛】 丸善株式会社

【スケジュール】 
● 第一部:スピーチ 
(「教育改革」「ソーシャルの力」をテーマにそれぞれの思いや提言を披露する。) 
【スピーカー(所属・肩書き等)】
※スピーカーは予定です。変更になる場合があります。 
今村 亮(NPO法人カタリバ) 
河本 敏浩(社団法人全国学力研究会理事長) 
倉部 史記(大学プロデューサー) 
為田 裕行(Future institute Corporation)
豊福 晋平(国際大学GLOCOM )
西村 準吉(佼成学園高等学校) 浜村 寿紀(共同通信社) 
藤岡 慎二(島根県立隠岐島前高校魅力化プロジェクト) 
復興ガールズ(岩手県立大学学生) 
目崎 雅昭(Well-being Lab.) 
渡邊 淳(電子システム株式会社) 他 
● 第二部:パネルディスカッション 
● 懇親会:17:30〜 別会場

【参加費】 第一部・第二部 1000円(予定) 懇親会 4000円

【申込方法】 左記フォームより、申込(締切 8月16日) http://gkb48.com/order/

(参考)
「GKB48」ホームページ http://gkb48.com/ 
「GKB48」Facebookページ http://www.facebook.com/gkb48.social

取材のお申し込み、お問い合わせは下記へお願いします。 
学校広報ソーシャルメディア活用勉強会 事務局

聖学院大学 広報戦略室内 萩野(はぎの)・栗原 
電話(ダイヤルイン) 048-780-1707 
FAX 048-725-6891 
E-mail pr@seig.ac.jp

プレスリリースvol.1


 Facebookの会員制グループ「学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48)」は8月23日(木)、東京および大阪の2会場にて教育カンファレンス「これからの「教育」の話をしよう〜教育改革×ソーシャルの力」を開催する。
 これは、GKB48の設立1周年を記念するとともに、社会への発信と貢献につなげることを目的として開催するもの。要事前申し込み。

 学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48。48は、都道府県47+海外を表す)は、会員制のFacebookグループである。学校広報に限らず、学校運営や教育問題、ソーシャルメディアなどについて関心のある人が集まり、現在550人以上のメンバーを擁する。「教育」「ソーシャル」「広報」というテーマのもと、大学、専門学校、高等学校、教育関連・情報関連企業、NPO法人、それぞれの立場の人が、組織を越えて教育への思いを発信、共有する場として、未来の「教育」を創ることを目指している。

 同グループではソーシャルメディアの活用や、教育がいかに変わりうるかなどについて、オンラインで意見や情報の交換を行っているほか、東京、大阪などで対面での勉強会などを実施。2012年6月には岩手県遠野に赴き、被災地視察を兼ねて、震災対応の学校間アライアンス(連携)を探るための合宿も行っている。

 こうした中、8月23日には東京・大阪の両会場にて開催する教育カンファレンス「これからの「教育」の話をしよう〜教育改革×ソーシャルの力」を開催。文部科学省から「大学改革実行プラン」などの大規模な教育改革の提言がされ、日本の教育も世界の教育も大きな転換点に差しかかっている今、オープンかつフラットに共感・共有の場を作りながら、活動を社会貢献へとつなげていくことを目指す。

 なお、今回のカンファレンスはUstreamで中継し、議論の内容は後日、書籍として出版する構想もある。

◆学校広報ソーシャルメディア活用勉強会 教育カンファレンス
「これからの「教育」の話をしよう〜教育改革×ソーシャルの力」

【日時】
 2012年8月23日(木)13:30(受付13:00〜)〜17:00

【対象】
 教育とソーシャルメディアに関心のある方ならどなたでも可

【定員】 
 130名(先着順)

【会場】
●東京会場:大日本印刷株式会社 DNP五反田ビル
 東京都品川区西五反田3-5-20
●大阪会場:(株)エデュケーショナルネットワーク大阪営業所
 大阪府大阪市北区天満1丁目5-2
 TEL: 06-6352-8553
(Ustream又はGoogle+ハングアウトにて東京会場と結ぶ予定)

【協賛】
 丸善株式会社

【スケジュール】
●第一部:スピーチ
 公募で10名のスピーカーを選出し、「教育改革」「ソーシャルの力」をテーマにそれぞれの思いや提言を披露する。

●第二部:パネルディスカッション(パネリスト検討中)

●懇親会:17:30〜 別会場

【参加費】
 第1部・第2部 1,000円(予定)
 懇親会 4,000円

【申し込み】
 下記フォームより。定員は130名。
 gkb48.com/order/

(参考)
・「GKB48」ホームページ
gkb48.com/

・「GKB48」Facebookページ
www.facebook.com/gkb48.social

▼本件に関する問い合わせ先
 学校広報ソーシャルメディア活用勉強会 事務局
 聖学院大学 広報戦略室内 萩野(はぎの)
 〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1番1号
 TEL:  048-780-1707
 FAX:  048-725-6891
 Email:  pr@seig.ac.jp

**********大学プレスセンター リリースより転載************

カテゴリー: news