第6回GKB教育カンファレンス『教育改革と動き始めた教育の現場』を開催します


6回目となるGKB教育カンファレンス2018を開催します。
テーマは
『教育改革と動き始めた教育の現場』
国の教育改革の方針が次から次に打ち出され、先進的な教育の現場では新しい教育が動き始めています。しかし『国が目指す教育改革』は、必ずしも現場へ伝わらず、現実とのギャップの中で大きなズレを生んでいます。この溝を少しでも埋めるための『架け橋』としては、一体何が必要なのか、それをどう整えていくのかを各登壇者のプレゼンテーションを通じて考えていきます。
 
日時  2018年8月24日(金)午前10時半~午後5時
会場 明治大学 紫紺館 3階、4階

今回は『教育と広報』(第1会場)と『教育とICT』(第2会場)に加えて『教育環境とサービス』(第3会場)というカテゴリーを設けて3会場で行います。

第1・2会場=TED形式のカンファレンス、第3会場=ブース(先着20社まで)出展形式で行います。

【教育と広報】
1)キッズアイランド 代表 堺谷武志さん
2)香里ヌヴェール学院 学院長補佐 江藤由布さん
3)井之上パブリックリレーションズ代表取締役会長 井之上喬さん
4)福井県観光営業部文化振興課 牧井 正人さん
5)アイデミー代表取締役 CEO 石川聡史さん
6)八戸学院大学 国際教育局局長 大谷真樹さん
7)松本大学 学長 住吉廣行さん
8)共愛学園前橋国際大学 学長 大森昭生さん
9)FutureEdu Tokyo 竹村詠美さん

【教育とICT】
1)テイクオーバル コンテンツ著作権   我妻潤子さん
2)Asuka Academy 理事長       福原 美三さん
3)東海大学 & 映像センター       白澤さん、和田さん
4)経済産業省 「未来の教室」      浅野 大介さん
5)ネットラーニング 取締役社長  岸田 徹さん
6)東洋大学 大学のICT環境  藤原喜仁さん
7)聖徳学園中等・高等学校 教諭  品田 健さん
8)情報通信総合研究所 研究員 平井聡一郎さん

15:45 17:00 ワールド・カフェ
ファシリテータ:明治大学 阪井和男教授

参加申し込みは コチラ
対象者:学校教職員、教育関連企業、教育に関心のある方々
入場料:一般 2,000円 ファーストスタープロジェクツ会員 1,000円
主催:学校広報ソーシャルメディア活用勉強会
共催:サービス創新研究所
    一般社団法人ファーストスタープロジェクツ
運営(事務局):株式会社シンクアップ
カテゴリー: news

新刊案内『これからの「教育」の話をしよう4 教育改革 × 大学広報力』



『これからの「教育」の話をしよう 4 教育改革 × 大学広報力』 (NextPublishing) オンデマンド (ペーパーバック) – 2018/7/20
学校広報ソーシャルメディア活用勉強会 (編集)


 18歳人口が減少する「2018年問題」や、スマホの普及変など、今、大学を取り巻く環境は大きく変化し、広報戦略も変革を迫られています。そんななか、ここ数年大きな躍進を遂げた大学の広報は、何を考え、実践しているのでしょうか。

本書は教育関係者が集まるソーシャルメディア上のグループ、学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48)による好評シリーズ『これからの「教育」の話をしよう』の4冊目です。

志願者数日本一ブランドイメージも躍進を遂げた近畿大学、紙媒体を廃止し、オールインターネット出願に踏み切って成功する東洋大学という先進的な広報・コミュニケーション戦略を担当者自らが語ったセミナーを収録。また、11人のプレゼンターによる第5回教育カンファレンスの内容を収録しています。これからの大学広報のあり方と教育改革を展望するために必読の一冊です。

【学校広報ソーシャルメディア活用勉強会について】
2011年8月に第1回の勉強会を大宮で開催するとともにフェイスブックに非公開のグループを作成したことにより発足。略称GKB48の「48」は、47都道府県+海外を意味する。学校広報に限らず、学校運営や教育問題、ソーシャルメディア、ICTに関心のある人が集まり、2017年2月現在では1,700名を超えるメンバーを擁する。大学、専門学校、高等学校、中学校、小学校、学習塾、教育関連・情報関連企業、NPO法人ほか、それぞれの立場にある人々が、「教育」「ソーシャル」「広報」というテーマのもと、組織を超えて教育への思いを発信・共有し、未来の「教育」をつくることを目指す。ソーシャルメディアの活用や教育の未来などについてオンラインで意見、情報の交換を行っているほか、メンバーが会場に集まっての勉強会も実施している。
 

 

 

カテゴリー: news